社会福祉法人なずな 森の樹保育園

●基本理念  ●保育方針  ●生活  ●園舎  ●園の様子  ●保育園説明会  ●職員募集  ●連絡先・案内図  

ホーム > 職員募集


◆園長からみなさんへ◆


保育に夢と希望とロマンを!

これは、森の樹保育園が産声をあげた13年前、私がまだ見ぬ未来の保育士さんたちへ、
「森の樹保育園へいらっしゃいませんか」と呼び掛けたときの言葉です。
少々ロマンチックすぎた呼び掛けだったかなと思います。
けれども、この言葉に何かを感じてくれた人たちが、森の樹保育園に最初のいのちを吹き込み、
そして、いまもその幹を支え続けてくれています。

<保育は芸術である・教育は芸術である>と私はずっと思い続けてきました。
芸術は創造力から生まれます。保育も同じです。
なぜなら、子どもはみんな個性的だからです。世界に二つと同じ個性はありません。
そのような「子ども」という存在と、一対一で向き合う保育士に求められる力、
それは芸術に求められるものと同じ「創造力」です。
保育の仕事、教育の仕事は、毎日毎日創造していく仕事なのです。


森の樹保育園では現在、40名を超える職員が働いています。
「どの職場も自分に合わないような気がして就職浪人を覚悟していた人・・・(どの職場もピンとこなかったそうです)」
「一度は企業にはいったものの何かが違うと感じて別の道を探していた人」
「保育の仕事が好きで保育園に就職したのに、〈何かが違う、これが保育なのだろうか〉と悩んでいた人」
「他の園でも経験を積みたいと旅立ったはずがなぜか舞い戻ってきた人」・・・等々、
年齢も経験もさまざま、一直線にこの場所に辿りついた人はむしろ少ないかもしれません。
でも、こうして進路に悩んだり、紆余曲折した経験が活かされる場所、
それが森の樹の保育の現場なのだと思います。


森の樹保育園に「新しいいのち」を吹き込んでくれる、みなさんとの出会いを楽しみにしています。

森の樹保育園 園長 河野小枝子

※アルバイトもパートも正規職員も募集しています。
雇用形態 (1) 常勤
(2) パートタイム
基本給 当園規程に従う
勤務時間 (1) 7:00〜20:30の間の8時間
(2) 7:00〜20:30の間の2時間以上
休日 日曜・年末年始(12/29〜1/3)
応募方法 電話にてお問い合わせください。 その後、履歴書を園に郵送


森の樹保育園における保育の柱

子どもが遊びこむこと、遊びきること
遊びこむ・遊びきることで、食べること・寝ることへと続きます。
森の樹保育園の子どもは遊びこむ子に育ってほしいのです。


子どもを取り巻く文化の質の高さ
歌、リズムなどの文化は、子どもたちにとって生活そのものです。
歌が言葉の発達を促すこと、リズムが身体と心の発達を促すことは、
森の樹保育園の中で実感できることです。





社会福祉法人なずな 森の樹保育園
〒222−0037 横浜市港北区大倉山1−22−5
TEL:045−533−0242